100年後の起業について  

10月 7th, 2014 · Posted by

100年後起業ってどんなかんじだとおもいますかね、僕は案外誰にでもできることになってるのではないかとおもいます。学生の起業ももっとふえ、日本はベンチャーにとっていい環境づくりができているのではないかと期待します。なぜなら、起業することによって、あらたな産業の卵が創出されるからなのです。それは、そのまま成長することもあるでしょうし、大きな企業に買収されることもあるともいえます、しかし、そういったサイクルによって、産業は革新性をもち、すこしづつ発展していくからなのであります。そういった循環やサイクルを作り上げるには、事業資金や、スタータップの手助けなどが今以上に必要性をますことになるのではないでしょうか。そうすれば、もっと革新的な事業というものが気づかれることになると思います。日本においてはそうった手段が、なかなかつかめず、革新性の芽をつぶしていることはあるでしょうし、起業といっても、海外起業ももっと盛んになることでしょう。すなわち、逆に 海外が日本で起業することもおおくなることが考えられます。そして、そういったリノベーションが、社会に変革をもたらし相乗効果を生んで、いいサイクルが出来上がることが先決です。


Post Categories:起業すること |