起業と未来

9月 2nd, 2014 · Posted by

起業のおわりはありません。起業は企業をおこすことであり、やめる事は廃業です。しかしながら、廃業もそれがいいか悪いかは、別なのです。意図的に廃業することも次の起業だといえるのです。つまり、起きる 働く 遊ぶ 寝る。こういう事が繰り返される様に、起きることがあれば、寝る事もあるのです。廃業とは次に起きる為に寝る事だとも言えます。決して、人生の終わりでもなんでも無いのです。ただ、日本での廃業は人生の敗者みたいなイメージをもたれることもありますが、そんな事は全くありません。あくまで、ちょっと鋭気を養う為の休息なのです。廃業によって溜め込んだ廃棄部分を放出し、次の起業に備えるのです。そうやって、社会は回るのです。そういう考えがあれば、起業も廃業も楽しいものなのです。だれでも、できることであり挑戦すべき事だと言えるでしょう。自分には何ができるかを考えそれを実行し、その中で世のための起業をし、収益を上げられればハッピーなのです。収益を上げられレ無ければ廃業し、つぎの備える準備をして、また、起業をする事が大切です。楽しい時間はあっという間に終わります。起業を通じて、一瞬でも楽しめたりワクワクすれば、どれで起業として十分だと言えます。苦労と成功は関係はないかもしれませんが、起業と成功も関係ありません。世のために何ができるかを考え 今何ができるかに挑戦することが今後の起業を促し、新しい時代を作っていく事ができるのです。もっと、ハッピーな事を考え、相手にハッピーにさせられる事は何かを考え、それそのものが起業の本質かもしれません。


Post Categories:起業すること |