起業して、発展する企業

9月 2nd, 2014 · Posted by

企業には二つのタイプがあるといえます。まず、起業して拡大継続を目指すタイプ、もう一つは、起業して、拡大路線をとらず、分業をもさくし一定の規模を保タイプのものです。前者は、上場をめざすことを目的にみんなで発展していくタイプであり後者は、スタートアップを目的とし、事業が軌道に乗れば、事業そのものをうってしまったり、権利のみをもつというかたちをとったりする起業です。起業というのは、生み出すタイプの要件を含んでいると言えるため、必ずしも、つぶれたり、廃業してもそれが失敗とは言えないといえるでしょう継続しても柔軟な、企業経営がなければ、いつかはつぶれるものです。なので、つぶれる事も想定内で、事業というものを展開できる事が重要であると言えます。成功の要件は 一つには、事業の継続性そして、柔軟性、市場との対話性ということがポイントとといえるでしょう。発展は拡大だけではありません。縮小も発展の一つだといえます。無理した拡大は、疲弊が必ずおこります。最近ではファストフード店の事例があるように、拡大に人材育成と人材確保ができなければ、現場は混乱します。起業していかにして、安定性を保つには、人材育成が必要です。

 


Post Categories:起業すること |