起業家と起業人

8月 29th, 2014 · Posted by

一般的に起業家と起業人て何がちがうのでしょうか?どちらも同じ様に思えますが、実はちょっと違う要にも感じます。つまり、家か、人か、家と人は全く違う言葉です。では、起業家と起業人ではどうでしょうか。それは、相手の印象かもしれません。起業家と言えば、なんか、芸術家っぽく感じるかもしれませんし、起業人って言われれば遊び人みたいな印象もうけることはあるでしょう。それくらいの違いかもしれませんが、人にあたえる印象って大切なので、どんな印象を与えたいかで使い分けるのがいいかもしれません。ある職種を例えるのにアーティスト、タレント、芸人。どれも同じだとおもえないですが、自称であれば、どれも一緒なのかもしれません。自分にとって芸人という方が良ければ、それでいいし、タレントという方が良ければそれでいいのです。自分をどう見せたいかというのも、起業人にとって重要な要素だと言えます。それは、起業したあとに感じることだとおもいますが、上場まで目指している方なんかは、最初から、そこまでをイメージした行動をとられるからです。つまり、まず、自分のイメージと他人のイメージをどう持っていくかも大切な要素だといえるのです。ただ、起業といっても、考える事はいっぱいあるのです。起業するってなんか大変そうだとおもいませんか。でも、やってみる価値はあります。何事もイメージをもって行動する事が大切なのです。

 


Post Categories:起業すること |