起業と投資

8月 29th, 2014 · Posted by

起業において、投資と考えている方いらっしゃるでしょう。起業は、資本が無くて可能ですが、ある方が無いよりはましです。それは、日々の生活があるからです。ボランティアという考えも生活できなければつつける事は無理でしょう。起業するにも、例えばそれなりの資本力があった方がいいのです。資本力ってなんでしょうか。一般的には資本金だと言えます。そんな中でも、自己資本と他人資本があるように、それなりの一長一短はあると言えます。自己資本は、自分でためるか私財を投入するかになりますが、それも、その人それぞれの考え方があるでしょう。ただ、起業するには、そこそこの資本金は必要だと思います。では、どのくらいいるのでしょうか。事業規模にもよりますが、数百万から、数千万、数億にいたるまでさまざまです。自己資本力があれば、今後の経営は多少安定するでしょうし、他人資本が多ければ、失敗してもリスクが少ないかもしれません。起業して、その先の収益は資本比率によるものであるという事は、案外、起業するときにわかってなかったりするのです。従って、創業者は自分でも、ある日突然、自分の立ち位置が脅かされる事だってあるのです。こんな事も想定して、起業していかなくてはならないでしょう。ただ、漠然とするという事は、失敗した時に立て直しが聞きません。失敗してもいい様に考えるのも起業家の素質なのです。そうやって、徐々に立ち回りを覚えていくのも大事なのです。

 


Post Categories:起業すること |